七星先生の日記

国内鉄道旅行を主なテーマにしていろいろと書いていきます。

SL、絶景、レトロ!鉄道旅行の魅力溢れる大井川鐵道

以前、「東京大阪の鈍行移動で感じたこと」で少しだけ紹介しましたが、静岡県には大井川鐵道という、とても魅力的な路線があります。

 

大井川鐵道静岡県島田市東海道線の駅でもある金谷駅を起点にその会社名の通り大井川に沿って走る路線ですが、SL列車の運行や、急勾配を登るためのアプト式鉄道などで知られ鉄道好きや子どもたちに人気が高いです。

 

一方で、少子高齢化や沿線人口の減少など経営環境が厳しくなる中で2015年に単なる交通事業者ではなく、「総合交通サービス業」への転換という経営方針を打ち出したことで、未来の鉄道のあり方に対して一石を投じるような存在ともいえます。

 

筆者は東京から大阪までの鈍行移動の中で、沿線の川根温泉で一泊をしてその間大井川鉄道に乗車するという工程を組みました。今回は実際に乗って感じた魅力、少し壮大ですが、乗りながら漠然と考えた日本の鉄道の未来について書いていきたいと思います。

f:id:nanahoshi-sensei:20190113000914j:plain

 

 

 

 

大井川鐵道の基本情報

大井川鐵道には、東海道線金谷駅を起点として千頭駅までを結ぶ全長およそ40kmの大井川本線千頭駅から井川駅までを結ぶ全長およそ25kmの井川線の二つの路線があります。

大井川本線は一般的な規格の鉄道路線ですが、SL列車が走るほか、都市部の私鉄路線で使われてた古い車両が現役で走っているなどといった点が特徴的です。それに対して井川線は大井川の上流の地域を走り急カーブや急勾配の多い区間を走ることから、レールの幅こそ1067mmと一般的な路線と同じものの車体幅は1850mmと一般的な路線の3分の2程度の大きさの車両が走ります。また、急勾配を走行するために一部の区間で歯車を噛み合わせながら進むアプト式という仕組みが導入されておりこれは、全国でも唯一です。

※一般的な鉄道路線では1000m進んで30m登る、いわゆる30パーミルを超えると急勾配と言われるようになり、山岳鉄道の箱根登山鉄道でも80パーミルであるのに対し、井川線は90パーミル。ちなみに、横川軽井沢間の碓氷峠は在来線時代は66.7パーミルで全国のJR線で最も急であった。

 

なお、大井川鐵道の起点となる金谷駅までのアクセスは東海道線の静岡から30分程度、浜松からは40分程度で、東京からは新幹線を用いれば2時間弱、在来線で4時間弱、大阪からは新幹線で2時間半程度で在来線では5時間半程度です。

 

所要時間は大井川本線が1時間15分ほど、井川線は1時間30分ほどです。両線とも運転本数が限られ、特にSL列車と井川線を両方乗って観光時間も確保する組み合わせはかなり限られてしまうため、事前にホームページで調べて計画を立てた上で、時刻表を持参、あるいはスマートフォンの画面コピーを保存しておくなどしておいた方が賢明です。

 

運賃は大井川本線を全線乗り通すと片道1,810円、井川線は1,320円、SL列車は追加料金800円です。大井川本線井川線ともに単純往復よりも安い価格設定のフリーきっぷがあるため、大井川鐵道に乗りに行く場合は用途に合わせたきっぷを事前に選んでおく方がいいと思います。

 

ちなみに、井川線は大井川沿いの非常に険しい区間を走るためたびたび台風などの自然災害に見舞われ不通となってしまうことがあります。本記事投稿時点の2019年1月現在も終点の井川駅と一つ手前の閑蔵駅との間が運休とのことですので、旅行をする前に最新の情報をチェッしておきたいところです。

 

レトロな魅力満載のSL列車

 

大井川鐡道の見どころといえば、やはりまず最初に出てくるのがSL列車です。筆者は金谷駅から途中の家山駅まで普通列車で向い、家山駅で途中下車をし、映画のロケなどでも多く使われる家山駅付近の風景を眺めながら、駅の近くのお茶屋さんで一服してからSL列車に乗車するという行程を組みました。

家山駅で列車を待っていると、遠くのほうから一声の汽笛が野を渡って届き、少しすると黒い機関車がもくもくと白い煙を上げながら駅に近づいてきました。

まさにノスタルジー溢れる鉄道風景です。鉄道好き、SL好きの方はともかく、映画や文学の好きな方も、この風景を気に入るのではないかと思います。

 

f:id:nanahoshi-sensei:20190113000927j:plain

家山駅に入ってくるSL列車 

 

SLは間近で見るとまるで生き物みたいで、呼吸をし汗をかきながら走っているかのように見え、思わず『がんばって走って!』と感情移入をしてしまいます。

そんなSLの後ろにはこれまた歴史を感じさせる客車が5両ほどつながれており、車体の色は銀色や、カラフルな塗装などではなく、茶色。車体はレーザー溶接ではなくリベットで鉄板同士が繋がれて組成されていることがわかる非常にごつごつとした外観です。

車内に入ると、背もたれが垂直のボックスシートが並び、天井には電球や扇風機が並んでおり、徹底して当時の姿をとどめておりました。

なお、筆者が乗車した車両は、昭和10年代に製造された車両だそうで、70年以上も走り続けていたということになります。製造されたころは東海道線東北本線といった主要幹線で多くの乗客を運んでいたようです。

夏目漱石川端康成などといった文豪の作品の主人公が乗っていたのはさらに昔の世代の車両ということになるのでしょうが、それでも昔の鉄道風景への想像を十分に掻き立てる景色が広がっています。

それにしても、昔の人は一等車やに当社に乗れるような人たちは別として、長い距離を移動するにあたって背もたれが垂直で向かいの人と膝を突き合わせて何時間も揺られていたということを考えると、鉄道の進歩の目覚ましさを感じずにはいられません。

 

列車は走り出すと、大井川の緩やかな流れや茶畑に囲まれながら千頭駅へ向かっていきます。車窓そのものは普通列車から眺めるそれと変わらないものなのですが、SL特有の走行音や、汽笛の音によってより一層旅情が演出されます。

終点の千頭駅に着くと、SLは少しずつ坂道を登っていたからか息を切らしているようで、給水の様子は一仕事終えた馬に水を与えているようにも見えました。

 

SL列車は追加料金800円とお手頃なものの、一日の本数が限られるのでそこに合わせて行程を組む必要はありますが、ノスタルジー溢れる旅を満喫できます。

 

f:id:nanahoshi-sensei:20190113000906j:plain

 

感動的な車窓満載の井川線

 

さて、千頭駅大井川本線から井川線に乗り換えてさらに大井川の上流へ向かっていきます。

井川線は、トロッコのような小さな車体の列車が非常に険しい線路をゆっくりと走り抜けていきます。大井川本線は比較的下流寄りのためどちらかというと川幅も広く流れも緩やかな区間を走るため車窓もどちらかというとのどかな風景が広がりますが、井川線は打って変わって曲がりくねった川伝いに走るため、車窓からは自然の造形美が次々と目に飛び込んできます。

その一方で、途中には長島ダムがあるため、険しい川の流れだけでなく、ダイナミックなダムの様子を下からも上からも眺めることができます。

なお、井川線の特徴の一つであるアプト式鉄道の区間は、途中のアプトいちしろ駅長島ダム駅との間で、この区間はラックレールに対応する歯車のような車輪を搭載した専用の機関車をつないで長島ダムの脇を走行していきます。

沿線には魅力的な秘境駅がいくつかありますが、筆者は奥大井湖上駅で途中下車をしました。(終点まではまだ行けていません。。)

奥大井湖上駅はまっすぐな鉄橋の中間部で川の激しい蛇行の関係で反対岸に差し掛かかったところにちょこんと設置されたような駅(言葉ではよく伝わらない気がするので下記の写真をご覧下さい。。。)で、山々に囲まれながら深い谷底を見渡すことができる大井川鐡道でも有数の絶景スポットの一つです。

駅からの眺めだけでも十分にきれいなのですが、駅から20分ほど歩いて登ったところにちょうど駅を見下ろせる展望台のような場所があり、そこからの景色はまるで絵のようです。

道順はそんなに複雑ではないのですが、狭く急な階段や険しい坂道などが続くためちょっと体力が必要なうえ、雨の日の翌日などは危険な個所もありますが、条件が整えば汗水を垂らしながらも登る価値のある場所です。

 

 

f:id:nanahoshi-sensei:20190113000932j:plain

f:id:nanahoshi-sensei:20190113000923j:plain

f:id:nanahoshi-sensei:20190113000910j:plain

列車そのものが目的となる大井川鉄道

SL列車や井川線などの魅力をお伝えしてきましたが、そのほかにも随所にレトロな雰囲気を残しており、多くの鉄道ファンを魅了してきた大井川鐡道ですが、冒頭にも述べたように2015年に「総合交通サービス業」への転換を宣言するという非常に興味深いことを行っています。

これはまさしく、沿線人口の減少や少子高齢化モータリゼーションの進展に伴い鉄道路線を維持できなくなるかもしれないという問題意識にほかなりません。

大井川本線沿線の駅は、昔ながらの風情を残しているものの日常生活を営むにあたって便利かというと、そうではないと言わざるを得ません。現に、線路沿いではなく道路沿いに大型の店舗が散見され、沿線は車社会が定着していると見受けられました。

厳しい言い方をすれば、沿線でも大井川鐡道とは無関係に日常生活を営んでいるという方が大勢いるんだろうなという印象を受けました。

ましてや、井川線は沿線に秘境駅が多いということはつまり沿線にほとんど人は住んでおらず、生活の足としてはほとんど成り立っていないということになります。

そんな中で、単なる交通事業者として、自動車や路線バスと競合していればほとんど勝ち目はないですが、一方で少数ではあるものの子供や高齢者といった自動車で自由に移動のできない方たちからすれば鉄道路線を廃止されては困ってしまうことでしょう。

そこで、単なる日常生活の移動手段という枠組みを超えて旅行の目的として選んでもらえるようなサービスを提供し、多くの旅行者を集めることで大井川鐡道を維持していくことがこの宣言の意義であると筆者は解釈しています。

最近は、JR各社や大手私鉄もクルーズトレインや観光列車を走らせ、まさに鉄道に乗ることを目的として集客し、収益を上げるという施策を次々に打っており、問題意識は大井川鐡道と通じる部分もありますが、大井川鐡道のそれはより切実なものを感じます。

鉄道は、現代では自動車や航空機と比べて欠点の目立つ交通手段となってしまっています。

20世紀初頭のアメリカでは、単に鉄道を運営するという枠組みを超えられずにモータリゼーションとの競合に敗れ多くの鉄道会社が姿を消してしまいましたが、戦前から戦後にかけての日本では多くの大手私鉄が、鉄道を走らせて沿線の住宅や商業施設を開発し、鉄道をベースとした生活を創出するという単なる鉄道会社の枠組みを超えた経営を行ったからこそ、日本の鉄道はここまで発展してきたのだと思います。

地方鉄道の一つである大井川鐡道も、現状の利用者数や経営状況は厳しい数字で推移しているようですが、鉄道の魅力を活用して、より多くの人々から旅行先に選んでもらうというアプローチで生き残りをかけていくといったところになるでしょう。

筆者個人的には、沿線のお茶屋さんが、若者がお茶を飲まなくなったり、茶畑の後継者が不足していたりなど、お茶業界の将来を憂いていたことが印象的だったので、是非とも地元静岡の名産品であるお茶もコンテンツの一つとして大井川鐡道の魅力を創出していってほしいなあと思ったりしています。

旅行時の注意点

これまでいろいろと長々と書いてきてしまいましたが、もし実際に大井川鐡道で旅行をされる場合の注意点を簡単にまとめておきます。

金谷駅での乗り換えは余裕をもって

 

筆者の行程では金谷駅での乗り換え時間は5分ほどしかありませんでした。駅は併設されているためまっすぐ乗り換える分には十分間に合うのですが、切符売り場の窓口に行列ができていたため危うく乗り過ごしてしまいそうになりました。

たまたま係の方が並んでいる人たちにきっぷを売ってくれたので事なきを得ましたが、旅程が大幅に狂うという最悪の事態はやはり避けたいものです。ゆっくりと駅で電車を待ったり、風景を撮影するということも考慮して接続の一本前の列車では着いておきたいところです。

お手洗いの場所は限られます

 

大袈裟におびえる必要はありませんが、基本的に車内にトイレはない状態で場合によっては1時間以上過ごすことになります。

コーヒーなどは最小限にしておいたほうがいいですね。なお、乗換駅や機関車の付け替えでお手洗いによることは十分可能ですが、混雑するシーズンではそれによって列車の座席を確保できなくなるかもしれないことを頭に入れておきたいです。

お店は軒並み早くしまります

午前中から行動しても戻ってくる頃には夕方になってしまうということも十分あり得ます。

現に筆者もお昼前のSL列車に乗って、井川線に乗り継ぎ奥大井湖上駅まで行って次の列車で戻ってくるという行程でしたが、千頭駅に着いた時点ですでに駅構内のうどん屋は閉店していました。

沿線で徒歩圏内でたどり着けるコンビニも限られてしまいます。

近隣の温泉旅館で夕食をつけていない方は、気を付けておきたいところです。ちなみに川根温泉の道の駅の食堂は19時半まで空いており筆者はぎりぎりそこに間に合うことができました。

結構揺れます

大井川鐡道は中小私鉄ということもあり資金が限られているのが現状です。そのため大井川本線の保線状態は良好とは言えず、そこまでスピードは出さないもののそれなりに揺れます。また、井川線は険しい区間を通り、さらに車内もかなり狭いので混雑した閉塞的な空間が苦手な方には少ししんどいかもしれません。

いずれも、鉄道好きな方にとってはなんてことないところだとは思いますが、さほど興味のない方にとっては苦痛にもなりかねないところだとは思います。筆者としては、少しでも多くの方に魅力を感じてほしいというのが本音ですが、こればかりは難しいですね。。。

まとめ

以上、ざっくりと大井川鐡道について見てきましたが、鉄道が好きな方、映画や文学が好きな方、景色が好きな方、どれか一つにでも当てはまれば、とても気に入られるのではないかと思っております。

大井川鐡道は旅行者に訪れてもらうことに力を入れているため、公式ホームページでも様々なおすすめのコースを紹介してくれています。

多くの方がお気に入りの楽しみ方を見つけ、一人でも多くの方に大井川鐡道が愛されることを願ってやみません。最後までお読みいただきありがとうございました。